トリニティーブログ

2016年2月8日〜14日までカンボジア支援活動に行って参りました。
その経過や体験談を何回かに分けてトリニティーブログに掲載させて頂きます。


今回は、IKTT「伝統の森」で村の方々にNGO/CEPさんから預かった仏教の「八正道」の絵本を全員に渡しす事ができました。カンボジアは教育の中に道徳の授業がなく、お寺のお坊さんから、仏教を教わるのが、その代わりとなりますが、
その機会も、少ないようです。共同体で暮らしていくためには、心の持ちようは、とても大切な要素です。
そして、この本を、皆さんの前で文字の読める子供に朗読してもらいました。

皆さん、自分だけの本をもらい、目を輝かせていたのが、とても印象的でした。


shuennowa * - * 00:21 * comments(0) * - * pookmark

謹賀新年2015年

明けましておめでとうございます。

昨年も、皆様からの暖かいご協力のおかげで、支援を続けることができました。ありがとうございます。

2014年はシルク村にも子供が二人増えました。
村の人たちは、子供の分まで頑張ってシルクを織って行きたいと、はりきっています。


12月2日から私水谷は、3日間だけプノンペンに出張してきました。
前回7月に依頼した反物を受け取るのと、新たな依頼をしてきました。
リーダーのモンさんはクメールシルクを織れるようになってきました。
彼女と夫はとても慎重に織ろうという努力をしています。


私の片言のクメール語で、織物の改善点の説明を彼女達は一生懸命聞いてくれました。
今まで、小さなミスを繰り返してきて、せっかく織られたものが、残念な結果に終わる事が多かったので、
今回から発注したものにレポートを書く用にしました。

それを、書くことで、自分達の作業を確認しながら作って行く事ができるようになるといいなと、思っています。
マリスさんとテスさんは、新しい織り方に挑戦しています。
マリスさんの子供は男の子でとてもヤンチャなので、一緒にいるだけで大変そうです。


それは、織物の出来にも影響がでていました。
まだ、織物に対しての意識が、その先の製品になったことを想像できない状況です。
そこを、何度伝えても、日々の生活に追われているので、中々改善できないのが現状です。
マリスさんは、12歳の長女に少しづつ織物を教えているそうです。
その子が15歳になったら、タケオ州の研修センターで学んでもらおうと思っています。
今年は、そこのセンターの織物の先生に村へ来てもらう予定です。
より一層の集中力と向上心を養って、次世代の子供達に伝統を伝えていってもらいたいと思います。



今年も、皆様のご支援、ご協力を宜しくお願い致します。
shuennowa * - * 18:05 * comments(0) * - * pookmark

2014年9月17日ガユーナ・セアロ師講話会開催

平和活動啓発推進事業としてガユーナ・セアロ師をお招きして9月17日に同仁キリスト教会にて昨年に引き続き「つながりの中で生きる」と題して講話会を開催致しました。
この会は、"NPO/グローバル・ハートスペースとの協働で開催させて頂き、全てボランティアによって運営されました。
サポーターの皆さんは、講話会の準備の為に東京近郊の千葉や埼玉かから、お仕事の都合を付けて来て下って一生懸命にそして、楽しくこの会を作り上げて頂きました。
まさに心のつながりの中で、講話会が実施されたのです。

講話会を開催するにあたって、色々な準備が必要です。
舞台のディスプレイ、音響、バザーのセッティング、出演者のヘアメイク、etc
皆さん、この会の段取りを把握してスタンバイして頂けたおかげで、無事に進行できました。

バザー開催と同時に、なつかしい2007年に開催されたハートエキスポのプロモーション用のDVDの映像を映写致しました。
初めてご覧になって、セアロの地道な活動に感激され、涙する方もいらっしゃいました。
バザーボランティアは、全員民族衣装とシルクを着用して、華やかにバザー会場を飾ってくれていました。

そして、今回は、朗読家SHIORIさんとチベッタンシンギングボールのコラボレーションの「108の言葉」を聞いて頂いた後に、
ガユーナ・セアロ師の講話会を開催するというプログラムでした。

朗読では、シンギングボールの響きで、皆さんの心が穏やかになり、そこにセアロのメッセージがSHIORIさんの声によって歌のように響き渡り、神聖な空間を作り出していました。
衣装は、ShienTokyoオリジナルのシルクの衣装で舞台に華を添えました。

講話会がOPENされると、
セアロ師への質問も時間が、お答えできるお時間を過ぎるほど、たくさん集まりました。
そして、セアロ師から私達が、平和に向かって生きる為の智慧をたくさん、教えて頂くことができました。
セアロ師からの暖かいメッセージや、目から鱗の情報などで、参加者一同素晴らしい啓発を頂けたと思いました。

その後、皆様より暖かいご寄付がたくさん集まりました。
このご寄付はNPO/CEALOグローバルハーモニー・ジャパンにより次の支援場所スリランカの人々の為に生かされていきます。
CEALO師は国境を超えてグローバルに、私達の心を届け、世界が繋がっていく活動をされています。
本当に「つながりの中で生きる」大切さと、すばらしさを実感させて頂けた講話会となりました。
shuennowa * - * 14:44 * comments(0) * - * pookmark

ミャンマー・カンボジアの自立支援から生まれた手作り作品展示会

4月6日(日)、グローバルハートスペース福山で、GHSとShienTokyoのコラボ展示会をさせていただきました。




グローバルスペース福山は、お米や、お野菜を作ることで”心をこめる”、”手をかける”、”共に汗を流す” といった体験を通じた学びをするところです。

http://heartspacefukuyama.blogspot.jp/


今回、福山のボランティアの方たちと触れ合うことで、皆さまの心の温かさに触れ
ゆっくりとした時間の流れ、自然の豊かさを味わうことが出来ました。

また、ShienTokyo発足当時からご縁のある方とも、久しぶりにお会いし、
ゴールデンシルク、草木染めと、進化し生まれ変わったシルクをご覧頂くことが出来ました。



カンボジアの村人の生活も徐々に改善され、仕事も早く綺麗に出来るようになったこともご報告することが出来ました。

コラボ展示会を通じ、それぞれの活動のシェアをしたことで
お互いの活動に新しい可能性を見出していくことが出来たらいいなと思います。

最近カンボジア渡航以外は、経費を考え都内を中心とした活動を行って参りましたが、
思い切って活動範囲を広げることで、新たな動き方を見いだせたような気がします。

福山、広島の皆様、ありがとうございました。

これからもカンボジアの手織りシルクの歩みを温かく見守っていてください♪
続きを読む >>
shuennowa * Wa 日記 * 15:22 * comments(0) * - * pookmark

ガユーナ・セアロ講話会 in 東京 「つながりの中で生きる」


9月25日に平和事業の一貫としてガユーナ・セアロ師を迎えて講話会を東京護国寺の同仁キリスト教会にて開催させて頂きました。
今回は、石巻で音楽家をされている杉本富美子さんと朗読家の下山しおりさんがミニコンサートをして下さいました。
お二方共、衣装をカンボジアシルクでオーダーして下さいました。
杉本さんは、石巻出身で、2年間前の震災で被災されましたが、被災された方達の為にたくさんのチャリティーコンサートをされています。
今回はセアロ師の活動に感銘を受けて講話会でクラッシックの歌とピアノ演奏をして下さいました。
グリーンのドレスはオーガンジーと薄手のシルクの二枚仕立てで作られ、コサージュも共布で作られたとても、豪華なドレスです。



下山しおりさんは『CEALO108の言葉』からのメッセージを朗読して下さいました。
その透明感のある声の響きで会場の方々に心温まる感動の響きを伝えて下さいました。
下山さんはゴールデンシルクのアンサンブルにオーガンジーのベストを花のように着こなして頂きました。



セアロ師のお話は、ユーモアを交えて多岐にわたって、皆さんの質問に答えて下さり、
平和への意識を高めて下さる貴重なお話をして頂きました。



バザーでは、グローバルハートスペースからミャンマー、スリランカ、カンボジアからのチャリティー製品を出品して頂きましたShienTokyoはカンボジアシルク製品を出店させて頂きました。ボランティアの方達がシルクの服を上手に着こなして下さったお陰で、たくさんの方からオーダーを頂けました。
そして、自主的なボランティアによって会場のセッティング、受付、ハンドマッサージ、ヘアメイク、その他様々な活動にご協力頂いたお陰で、会が滞りなく行われました。

正にテーマの「つながりの中で生きる」の通りに皆様の心のつながりの中で、開催させて頂けた事を痛感しました。

会場をお貸しいただきました同仁キリスト教会からの、暖かいご協力を頂けました。
このご縁から、今後チャリティーバザーに出店させて頂く事になりました。

★ふくしバザー  日程 10月25日(金) 9:00〜14:00
              同仁キリスト教会玄関前



  
お近くの方は、どうぞお立ち寄りください!
 
       
そして、同仁キリスト教会の「みどり窓」という協会の通信誌に、ShienTokyoの活動と今回の講話会のことが紹介されました。
          
shuennowa * - * 23:50 * comments(0) * - * pookmark
このページの先頭へ